IC3試験 概要

コンピュータとインターネットの国際資格 IC3

IC3 Authorized Center

IC3(アイシースリー:INTERNET AND COMPUTING CORE CERTIFICATION)は、今まで漠然と判断されてきたコンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる世界共通の資格試験です。

2002年2月にアメリカでスタートし、日本では同年11月より開始。現在では世界110か国以上で実施されています。 また、IC3はCompTIAやACE(アメリカ)、OCR(イギリス)公認の資格であり、国際的にも信頼性の高い指標として評価されています。
ITスキルの基本能力の習得に、就職・転職活動時のITスキルの証明に、より専門的な資格取得に向けたファーストステップに、ITライフを楽しむための先行投資として世界基準のIC3をご活用ください。

※ 推奨団体の詳細は、IC3推奨団体をご確認ください。

関連サイト >> オデッセイ・コミュニケーションズ IC3

株式会社アルテック情報システムの試験配信施設「アルテック長崎テスティングセンター」は「IC3」の試験配信を行うオデッセイコミュニケーションズから認定を受けた長崎県内でも数少ない試験会場です。

IC3を構成する3つの科目

IC3の試験は「 コンピューティング ファンダメンタルズ 」 「 キー アプリケーションズ 」 「 リビング オンライン 」の3科目で構成され、認定証は3科目全てに合格後に発行されます。

IC3

※キー アプリケーションズ取得免除制度 をご利用の場合は、コンピューティング ファンダメンタルズ、リビング オンラインの2科目に合格のうえお申込みいただきますと、認定証が発行されます。

IC3のバージョン

IC3には、「グローバルスタンダード4(GS4)」「グローバルスタンダード3(GS3)」と「2005スタンダード」の3つのバージョンがあります。
GS4は、IT社会の最新動向に対応する知識やスキルが反映されたIC3の最新版試験です。
各バージョンの難易度に違いはありませんが、試験問題の中で使用されているOSと主なアプリケーション、試験範囲が異なります。

アルテック情報システムでは「グローバルスタンダード4(GS4)」、「グローバルスタンダード3(GS3)」の2つのバージョンの試験に対応しております。

関連サイト >> 各バージョンの詳細や試験範囲  試験概要

試験概要

「IC3グローバルスタンダード4(GS4)」

問題数 40~45問前後
試験形式 選択問題、組み合わせ問題、入力問題、操作問題
試験時間 1科目50分
試験結果 合否による判定
試験科目 コンピューティングファンダメンタルズ
キーアプリケーションズ
リビングオンライン
対応OS Microsoft Windows 7®
対応アプリ
ケーション
Microsoft Office 2010
対応メーラー Outlook.com

「IC3グローバルスタンダード3(GS3)」

問題数 40~45問前後
試験形式 選択問題、組み合わせ問題、入力問題、操作問題
試験時間 1科目45分
試験結果 合否による判定
試験科目 コンピューティングファンダメンタルズ
キーアプリケーションズ
リビングオンライン
対応OS Microsoft Windows Vista®
対応アプリ
ケーション
Microsoft Office 2007
対応メーラー Windows メール

試験方法・試験環境

試験方法 コンピュータ上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
OS Microsoft Windows 7
日本語入力
システム
MS-IME 2010
キーボード JIS配列日本語
モニターサイズ 17インチ
マウス 光学式2ボタンホイール

受験料

一般 1科目 5,250円(税込) 一般の方が、1科目もしくは2科目受験する際の1科目あたりの金額
3科目一括 14,175円(税込) 一般の方が、3科目を同日同会場で受験する際の3科目分の金額
学生(※1) 1科目 4,200円(税込) 試験当日に小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校そのほか当社の認める学校(※2)に在籍する児童・生徒・学生の方が、受験する際の1科目あたりの金額(3科目一括での更なる割引はありません)
3科目一括 12,600円(税込) 学生の方が、3科目を同日同会場で受験する際の3科目分の金額

※1 学生の方は試験申込み時に、試験会場に学生である旨を必ずご自身で申告してください。試験申込み時に申告漏れがあった場合、試験終了後の学生価格への変更は一切ご対応できません。あらかじめご了承ください。

※2 そのほか当社が認める学校、学生 予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)
各種学校で1年以上の連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生) 留学生などでISIC(International Student Identity Card)を所持している者 盲学校、聾学校、養護学校 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

再受験に関するルール

同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。例えば、2回目の試験を11月1日に受けた場合、3回目に受験できるのは11月8日以降となります。

試験実施スケジュール

試験日程のページにてご確認下さい。

IC3受験申込み

IC3は、インターネットからのお申込みと、FAXでのお申込みが可能です。

注意事項

  • お申込みの際には、申込書の試験規約及び申込上のご注意をお読みになり、同意の上でお申込み下さい。
  • 当試験会場にて使用するPCのOSはMicrosoft Windows 7です。
  • 試験日5営業日前までに受験料の入金が確認できない場合や金額の不足がある場合、受験はできません。
  • 申込み後、「仮予約受付完了」メール受信後3日以内に受験料の入金が確認できない場合や金額の不足がある場合、受験はできません。
  •  
  • 申込後のキャンセル、返金、科目・バージョンの変更、試験日の一切の変更はできません。
  • 試験当日は、写真付の本人確認書類を必ずお持ちください。学生価格で受験される方は、学生証も必ずお持ちください。
  • 試験開始時間に遅れた場合は、欠席扱いとなり受験はできません。その場合の受験料の返金もできませんのでお気を付け下さい。
  • 初めて受験される場合は「受験者ID」の登録が必要です。以下の受験者ID登録専用ウェブサイトをご確認下さい。
    以前に、MOS,MCAS,IC3,VBA を受験されたことがある方は、その時の受験者IDが使用できます。

関連ウェブサイト >> オデッセイコミュニケーション受験者ID登録専用ウェブサイト

受験対策講座

株式会社アルテック情報システムでは、団体・会社向けカリキュラムとしてIC3の各試験に対応した資格取得対策セミナーをご提案しております。

職業訓練や社員教育などにも数多く採用されているIC3の各試験に対応したカリキュラムは、人材教育として最適です。単なる研修に留まらない資格の取得を伴う効果的な社員研修・団体研修を、講座用教材、機材から会場手配、認定インストラクターによるセミナー、そして試験の実施までパッケージにしてご提案致します。

実施される会社、団体様所在地でのセミナー開催もご相談により実施できます。また、セミナーの時間数や試験のみの開催などのご相談も承ります。お気軽にお問合せ下さい。

セミナーの例

区分 セミナー名 時限数
IC3グローバルスタンダード3 コンピューティング ファンダメンタルズ 3H~
キー アプリケーションズ 3H~
リビング オンライン 3H~

※全てのコースで試験の同時開催も可能です。
※時限数は目安です。受講者のスキル、ご予算、会場などに応じて設定させて頂きます。

お問合せ

株式会社アルテック情報システム 教育・試験配信事業部

E-mail: info@trb.jp
電話(直通):095-826-7354
電話(代表):095-841-8150 FAX:095-841-8151
営業時間: 月曜から金曜午前10:00~午後19:00 (土日祝日を除く)

トップへ戻る