Outlook(旧バージョン/Ver.2403)メールアカウント設定

2.アカウントの種類をクリック

受信サーバーIMAPとPOPの違い

IMAPとPOPはメールの受信に使われる通信プロトコルです。
OutlookやThunderbirdをはじめとする、メールソフトにおける受信に用いられています。
メールアカウント設定の際に、IMAPもしくはPOPのどちらかを選択していただく必要があります。
スマートフォンの普及で複数デバイスからアクセスすることが当たり前になった現在は、IMAPが主流です。
IMAPとは

IMAPとは、メールがサーバー上へ送られ、一時的なキャッシュ(保存データ)をパソコン上で管理する仕組みです。

メリットは以下の通りです。
・会社や自宅のパソコン、スマートフォンなど複数のデバイスから同じメールアカウントへ同時にアクセスできる
・パソコンが壊れても他のパソコンやスマートフォンなどのデバイスから確認できる

デメリットは以下の通りです。
・インターネットに接続していないとメールが閲覧できない
・メールは削除しない限りサーバーから消えないため、メールサーバーの容量が圧迫される

POPとは

POPとは、パソコン自身へメールをダウンロードする仕組みです。

メリットは以下の通りです。
・自身のパソコンへ保存されるため、一度受信したメールはインターネットにつながっていなくても閲覧できる
・サーバーには保存されないため、サーバー容量を気にしなくて済む ※オプションでメールをサーバー上へ残しておくこともできる

デメリットは以下の通りです。
・一台の端末でしかメールの受信ができない
・メールソフトを使用している端末が故障してしまうとメールが見られなくなる

IMAPを選択した場合

赤の枠線内「IMAP」をクリックします。

POPを選択した場合

赤の枠線内「POP」をクリックします。

お問い合わせ

お電話

ウェブサイト制作、システム事業、コンテンツ制作事業、マーケティング事業についての電話窓口

会社代表 095-841-8150

既存クライアント様向けのサポート・保守電話窓口

システム部直通 095-841-8170

久留米支店で扱う事業の電話窓口

久留米支店 0942-64-8901

メールフォーム

お急ぎの方は営業時間中、お電話にてお問い合わせください。
なお、勧誘やセールスなどのお問合せについては、お返事を控えさせていただきます。